講習の概要

教員免許更新制の概要

平成19年6月の教育職員免許法の改正により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入され、制度導入後に授与される教員免許状には、10年間の有効期間が付されることになりました。制度の基本的枠組みは、平成21年3月31日以前に免許を取得された方にも適用されます。教員免許更新制は、最新の知識技術を身に付け、教員として必要な資質、能力を向上させることを目的としています。教員は、10年に1度、定められた2年間で30時間以上の更新講習を修了することが義務付けられることになりました。

教員免許更新制度の詳細については、文部科学省ホームページをご覧下さい。
文部科学省ホームページ

30時間の更新講習を修了後、都道府県教育委員会(免許管理者)に修了確認の申請手続きが必要です。
申請手続きについては、各都道府県教育委員会のホームページをご覧下さい。
山口県教育庁教職員課ホームページ

山口県内の実施体制

山口大学を中心として、県内大学・短期大学(山口県立大学、梅光学院大学、徳山大学、下関市立大学、東亜大学、山口学芸大学、宇部フロンティア大学、山口東京理科大学、宇部フロンティア大学短期大学部、山口芸術短期大学、岩国短期大学、以上順不同)、山口県教育委員会及び国立山口徳地青少年自然の家との連携・協力して開設しています。また、中国・四国地区の国立6大学(山口、鳥取、島根、岡山、広島、高知)による「中国・四国六大学教員免許状更新講習共同ホームページ」を通して、広域的な情報提供と、インターネットによる受講申込環境を提供します。山口県内の各大学の教員免許状更新講習についての詳細は、こちらのページをご覧下さい。


中国・四国六大学教員免許状更新講習共同ホームページはこちら。

中国・四国六大学教員免許状更新講習共同ホームページ