ボランティア・課外活動

山口学芸大学は、地域とともに歩み、互いに影響し合って成長・発展していく教育専門大学でありたいと考えています。学生たちは、授業以外にもさまざまなボランティア活動などを通して地域との関わりを深め、より広い視野と社会性を備えた教育者・保育者に育っていきます。

活動例

スクールボランティア

地元の小学校と山口学芸大学がさまざまな機会をとらえて交流・連携し、両校の教育・研修・研究の充実や発展を図ります。これまでに、有志学生が山口市立上郷小学校を訪ねて児童たちと一緒にスポーツを楽しんだり、また、山口市立上郷小学校との連携事業「なぎの木連携プロジェク卜」では交流レクリエーションなどを行ってきました。

「秋吉台少年自然の家」の企画事業への参加

秋吉台少年自然の家が主催する小学生対象の行事「洞くつ探検シリーズ」や「サマーキャンプ」などに有志学生がボランティアで参加。小学生たちの班付きスタッフとして行動を共にし、子どもたちと接する経験を積んで理解を深めています。

その他の地域ボランティアにも随時参加

山口市や山口県が主催する教育ボランティア「学生支援員」や「理科ボランティア」など、毎年30名を超える学生が登録し参加しています。