学修成果の評価に関する方針(アセスメント・ポリシー)

山口学芸大学 学修成果の評価に関する方針(アセスメント・ポリシー)

「アセスメント・ポリシー」とは、学修成果の評価について、その目的、達成すべき水準、具体的実施方法などについて定めた学内の方針です。
山口学芸大学では、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(大学)、教育課程レベル(学部・学科・専攻・コース)、授業科目レベルの3段階で学修成果等を査定する方法を定めています。

具体的実施方法
入学段階
アドミッション・ポリシーを満たすかどうかの検証
在学中(単位認定・進級認定)
カリキュラム・ポリシーに則って学修が進められているかどうかの検証
卒業時(卒業後)
ディプロマ・ポリシーを満たす人材になったかどうかの検証




○各種入学試験
○調査書等の記載内容
○面接等
○退学率
○進級率
○休学率
○学生生活アンケート
・学生生活に関すること(クラブ活動等)
・学修に関すること(学修時間等)
○学位授与数
○卒業率、退学率
○就職率
○専門領域への就業率及び進学率
○学生生活アンケート(満足度)
○卒業生へのアンケート調査






○各種入学試験
○面接等
○GPA
○単位取得状況
○授業アンケート
〇履修カルテに基づく面談
○学生生活アンケート
・学生生活に関すること(クラブ活動等)
・学修に関すること(学修時間等)
○GPA
○単位取得状況
○資格・免許の取得率・取得者数
〇教員採用試験の合格率・合格者数
○専門領域への就職率
○学生生活アンケート(満足度)
○卒業生へのアンケート調査






〇授業科目の到達目標に対する評価
○授業アンケート

学習成果の獲得状況

2018年度


□GPA分布

□単位取得率(前期)

□単位取得率(後期)

□年間単位取得状況

□総取得単位状況

2017年度


□GPA分布

□単位取得率(前期)

□単位取得率(後期)

□年間単位取得状況

□総取得単位状況