授業紹介

オーラルⅠ・Ⅱ

オーラルⅠ・Ⅱ

コミュニケーションのためのツールとして英語を使用する能力を習得します。「英語について知っている」だけでなく「英語を使える」ようになることを目標に、グループでの話し合いやプレゼンテーションを通して英語運用能力を高めます。さらに、2年次では教育や社会が抱える様々な問題について、英語で自分の意見を述べる能力の習得をめざし、抽象度の高いテーマに取り組みます。

Student's voice 山本 優さん 山口県立小野田高校出身

授業は全て英語で展開されるため、自然と耳が慣れてきました。さらに日々英語にふれ、話すことで、英語でのコミュニケーション能力が鍛えられていると思います。プレゼンテーションの機会も多いので表現力も徐々に身についてきました。


第二言語習得論

第二言語習得論

第二言語習得研究というのは、「人がどういうメカニズムで第二言語を習得するのか」を科学的に明らかにする学問です。日々の授業にすぐに役立つアイデアを提供してくれるわけではありませんが、英語を教える立場にあるすべての人が学ぶことを求められます。授業を通してそのメカニズムを理解し、英語を学ぶ日本人に適した英語学習法を提案できるようになることをめざします。

Student's voice 川原 秀斗さん 山口県立西京高校出身

「効率の良い言語習得」とはどのような方法なのかを学ぶ中で、今までの学習法を見直しました。新しい学習スタイルを取り入れることで英語習得が上達するのを実感しました。授業ではそれぞれのテーマの発表もあり、お互い切磋琢磨しています。


英文法演習

英文法演習

基本的な英文法を体系的に学習することで、着実に文法力を身につけることをめざします。その方策の一つとして、日本語と英語の文法を比べながら学習を進め、文法理解から英語理解をより深めていきます。授業前の予習を大切にしながら、とりわけ授業で特に力説された部分については丸暗記するくらいに復習することを推奨しています。


英語音声学

英語音声学

分節音声学の観点から英語の母音・子音に着目し、また、日本語の音声と対照することによって、国際社会で通用する英語発音を習得します。英語教師として相応しい発音を身につけるために授業時間の多くを発音練習に費やします。さらに、小学生や中学生を対象とした効果的な発音指導についても理解を深め、英語教師としての実践力を高めます。