教育学部 教育学科 初等幼児教育専攻

教育学部 教育学科 初等幼児教育専攻

乳幼児から小学生までの成長過程をトータルに学び、
子ども教育のスペシャリストをめざします。

学びの特色
  • 芸術を基盤とする教育を通じて「表現する力」を育てる。
  • 教員養成大学ならではの確かなアプローチでこどもの成長過程をトータルに学ぶ。
  • 教育現場でのボランティアやフィールドワークを通じて「現場力」を鍛える。
  • 発達障害、グローバル教育等、現代の課題に対応したカリキュラムを編成。
  • 経験豊富な教授陣による学生個々の目標に合わせたきめ細やかなサポート。
学びの流れ

学びの流れイメージ図

カリキュラムの特色は、『子ども学』。

『子ども学』は、子どもの育ちや親の子育てを支援する、より実践的・総合的な学問として注目を集めています。
山口学芸大学では、この『子ども学』を重視し、カリキュラムの中心に据えています。

子ども学のカリキュラム構成

子ども学のカリキュラム構成 

『子ども学』の授業では、子どもが生活し、学んでいる保育所や幼稚園、小学校などに積極的に出かけるなど、実体験を通して自己課題を明確にします。関連科目を学ぶことで子どもとその環境についてさまざまな視点から理解を深め、『子ども学』の専門性を高めます。

1年次

「子ども基礎演習」

子ども基礎演習

教育者、保育者としての表現力を多方面から追究し、自分の感じたこと、考えたことを表現し、他者と共有する力を養います。また、これからの学習や調査研究に必要な基礎知識・技術を習得し、学ぶことの喜びを実感して学習意欲を高めていきます。
授業はグループごとに特徴ある4つの講座を順番に学びます。4つの講座は、「鍵盤楽器による表現」「絵画表現による自己の再確認」「子どもとのコミュニケーション」「調査研究の方法」など。演習形式なので体感しながら楽しく学べます。

「子ども表現実践演習」

子ども表現実践演習

2年次以降の教育実習・保育実習に向けて、実習生としての心構えや意識、意欲を高めることをねらいとしています。
子どもや施設利用者とのかかわりを深める技術について体験的に学ぶことが、この科目の特徴です。たとえば「歌遊び」「ペープサート」「一人芝居」「グループでの劇」。個人で、あるいはグループで繰り返し練習することで、基礎的な実践力を形成します。
自己の課題を明確にし、他者と協力することで、教育者・保育者としての資質を高めていきます。

2年次

「子ども実地研究」

子ども実地研究

前期・後期それぞれに4人の担当教員の課題から1つを選択し、小学校、幼稚園、保育所、児童館、福祉施設などでのボランティア、フィールドワークなどを実施し、そこから得られた知見について考察・分析する方法などを学びます。その過程では、ディスカッションを通して学生相互が刺激しあい、高めあう方法も学びます。いずれの課題でも、さまざまな経験を通して、学生が自ら深めていきたい研究分野を見出していくことを目指しています。
学びの舞台として、子どものいる場所へ出かけて行くばかりではなく、子どもたちをキャンパスに迎えて交流することもあります。
子どもたちと直接触れ合って、観察・理解することで、コミュニケーション力を習得します。また、企画・進行から記録・事後学習までの全てを学生自身の力で行うことで、企画力や協調性、考察力、分析力等が養われます。

1~4年次

『子ども学』関連科目

子ども学関連科目

体験的な学びを補強し、『子ども学』の専門性をより高めるための科目が1~4年次に複数設定されています。
「子どもと教育」「子どもと地域社会」「子どもの心理と保育」「子どもと福祉」「子どもと芸術表現」といった科目から選択して学びます。
たとえば3年次の「子どもと芸術表現」では、グループで人形劇を創作します。1年次、2年次の『子ども学』の学びを生かし、子どもの年齢や発達段階、興味関心を踏まえた、表現と子どもとの関係について考えます。
このように体験的な学習と論理的思考との循環として重要な位置づけになります。

4年次

「卒業研究」

「卒業研究」

演習科目での体験的な学びと講義科目での理論的な学びを統合するのが卒業研究です。
『子ども学』に関連したテーマを自ら設定し、1年をかけて卒業研究に取り組みます。
研究テーマは人それぞれですが、平成27年度では次のようなものがありました。

平成27年度研究テーマ例
  • 「子どもの主体性を引き出す授業指導 - 学習規律の指導- 」
  • 「発達障害の子どもに対する保育者の支援 - ADHDの子どもを中心に- 」
  • 「幼児の活動意欲を高める保護者の表現力についての研究」
  • 「図画工作科を苦手とする子への支援について」

取得できる免許・資格

目指す進路に合わせて、種々の免許・資格を取得できます。

乳幼児から小学生までの成長過程をトータルに学んだ上で、志望進路に合わせて小学校・幼稚園の教員免許や保育士資格を取得することができます。さらに、今後の小学校・幼稚園で重視される特別支援学校教諭一種免許も取得することができ、あらゆる状況の子どもたちに対応可能な教育・保育のスペシャリストを養成します。

履修パターン

  • 「初等教育コース」について
    履修の仕方によっては、同時に3つの資格・免許の取得も可能です。また、1年間の取得単位の上限(原則60単位)を超えない範囲であれば、専攻を越えて中・高の免許を取得することも可能です。ただし卒業単位として認められるのは、50単位までです。
  • 「保育教育コース」について
    保育職に就くためには、幼稚園の免許と保育士資格の両方を取っておくことが必須です。また、履修の仕方によって、小学校免許を併せて取得することが可能です。

「特別支援学校教諭一種免許状」を取得できます。

この課程認定を受けている県内の私立大学は本学だけです。

本学では、知的障害児、肢体不自由児、病弱児に関する教育の3領域に対応できる教育者の養成を目的として「特別支援学校教諭一種免許状」の取得が可能です。本免許状を取得することで、特別支援学校だけではなく幼稚園や小学校に在籍するLD、ADHD、自閉症等の発達に偏りのある幼児児童への指導や支援を自信を持って担うことができます。通常学級においても特別支援教育の視点を取り入れた授業づくりが求められており、多様化する子どもたちのニーズに対応できる専門家として、これからの教育現場における重要な存在となります。

免許・資格取得者数の推移

小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の免許・資格の取得が可能な本学では、0~12歳児の子ども教育のスペシャリストを養成しています。下表は卒業生たちの専門職への高い就職実績を裏付けるこうした免許・資格取得者の推移です。

免許・資格 平成22年度
卒業生
平成23年度
卒業生
平成24年度
卒業生
平成25年度
卒業生
平成26年度
卒業生
平成27年度
卒業生
小学校教諭
一種免許状
53名
(82.8%)
47名
(95.9%)
56名
(84.8%)
57名
(87.7%)
58名
(96.7%)
53名
(82.8%)
幼稚園教諭
一種免許状
55名
(85.9%)
46名
(93.9%)
62名
(93.9%)
60名
(92.3%)
57名
(95.0%)
59名
(92.2%)
保育士資格 55名
(85.9%)
46名
(93.9%)
58名
(87.9%)
55名
(84.6%)
49名
(81.7%)
58名
(90.6%)