学生・教職員の皆様へ「定期試験期間に向けた感染防止対策について」

2022.06.29


「自ら率先し、仲間や家族とともに、地域とともに」


Ⅰ.令和4年度前期定期試験期間に向けた感染防止対策について

 山口県の感染状況は、6月29日現在、レベル2との判断がなされています。ただ、全国的には、感染力の強いオミクロン株BA2系統への置き換わりが進み、これまで減少傾向であった新規感染者数は、ここにきて、また、やや増加傾向にあります。
 このような中で、本学では、5月末から先週あたりまで、各学校のご協力により、教育実習や介護等体験が行われてきました。7月からは、教員採用試験や定期試験週間に入ります。
 幸い、各学校のご協力により、教育実習等はほぼ予定通り行われ、部活動も感染対策を徹底した上で復活し、学校行事もリスクの低いものから、少しずつ実施されるようになっています。学内における感染拡大もなく、授業や実習等を行うことができていますのは、学生や教職員のみなさんはもとより、ご家族、地域の皆様のご協力のおかげと心から感謝申し上げます。
 今後、本学は、定期試験週間に入ります。採用試験や教育実習も続きます。感染者数が再び増加傾向にある県も増えていることから、引き続き、油断せず、手洗い・換気・3密回避を続けていただくとともに、マスクについては、熱中症対策にも留意しながら、必要に応じて着用、非着用の工夫をしていただきますよう、お願いします。

Ⅱ.本学の行動基準(ステージⅡ) 

感染症予防のための行動基準

Ⅲ.オミクロン株の特徴を踏まえた感染防止策に努めましょう。

 オミクロン株は、重症化率が低い一方、感染・伝播性が高く、潜伏期間・発症間隔が2~3日と短いため、拡大のスピードも速いといわれています。
 ついては、特に、次の3点を徹底しましょう。

  1. 手洗い・手指消毒の徹底
  2. 換気の徹底 特に、エアコン使用時の換気は忘れないようにしましょう。
  3. 3密回避 特に、食事時の会話は密になりやすく、マスク着用を。


Ⅳ. 夏場のマスクの着用について。

  • 熱中症対策も大切です。登下校時など、屋外で、他の人と身体的距離(2mが目安)が確保できる場合や、会話をほとんどしない場合は、着用の必要はありません。
  • 体育の授業や運動部の活動中は、現在、基本的にはマスク着用のまま実施していますが、熱中症対策が必要な場合は、外してください。
  • ただし、更衣室や部室での着替えや、活動前後の集団での移動や準備・片付け時などを含み、身体的距離が十分確保できないときは、着用しましょう。
  • 食事時の会話は、必ず着用してからにしましょう。

Ⅴ.節電に御協力を

 例年より20日以上も早く梅雨明けをし、真夏の気温となっています。国からは、電力需給がひっ迫しないよう、節電行動の推進が呼びかけられています。
 熱中症を防ぐ観点からも、適度にエアコン使用をしたうえで、不要な照明を消したり、長時間使用しない電気機器は、コンセントからプラグを抜いたりするなどの行動により、節電に御協力ください。


Ⅵ.県外移動について

  1. 感染リスクの高い都道府県への不要不急の移動は引き続き自粛してください。
  2. 移動後の登校自粛は必要ありませんが、就職試験等で移動する際は慎重に行動しましょう。
  3. 県外に移動する際は、学部・学科が作成している県外移動届を提出してください。