• ホーム
  • NEWS
  • お知らせ
  • 学生・教職員の皆様へ 「徹底した感染防止対策と教育活動の充実との両立に向けて」

学生・教職員の皆様へ 「徹底した感染防止対策と教育活動の充実との両立に向けて」

2021.06.03


「自ら率先し、仲間や家族とともに、地域とともに」


 6月2日現在、山口県の感染状況は、国の分科会が示す指標のうち、直近一週間の10万人当たりの新規感染者数(9.2人)やPCR陽性率(3.7%)は「ステージⅡ」の段階に戻りましたが、病床使用率は53.7%と最も深刻なステージⅣ(50%以上)、療養者数は26.2人とステージⅢ(20人以上)が続いています。また、依然として、県内の学校では感染者の発生が見られます。
 このため、山口県は、6月20日まで感染拡大防止集中対策期間を延長し、また引き続き感染状況をステージⅢとして、県外との往来の自粛や外出機会の半減、感染防止対策の一層の徹底を呼び掛けています。
 また、文部科学省の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル(Ver.6)」によれば、リスクの高い環境は、「3密」と「大声」であり、この環境下では「接触感染」や「飛沫感染」に加え、換気の悪い部屋等で微細な飛沫が漂い続け、離れた距離でも、長時間にわたって感染が起こるという「マイクロ飛沫感染」が起こりやすいことが指摘されています。
 ついては、本学の行動基準もステージⅢを継続し、引き続き、対面授業と遠隔授業の効果的な実施を行いながら、マイクロ飛沫感染も意識した徹底した感染防止対策に努めるとともに、学生の皆さんの学修機会の充実やオープンキャンパス・LINE相談等高校生の皆さんへの情報発信等、種々の活動との両立に向けた工夫を行ってまいります。

Ⅰ. 本学の行動基準 (ステージⅢ)

感染症予防のための行動基準


Ⅱ. 学生も、教職員も、5つの基本対策を「徹底的に」に

  1. 30秒以上の手洗い
  2. 「マイクロ飛沫感染」を防ぐ換気の徹底
  3. マスクの適切な着用(鼻もしっかりと覆う。ただし、今後は熱中症に注意)
  4. 「密接」を徹底的に避ける
  5. 食事時の会話は自粛。特に大声の出やすい飲食を伴う会食は厳に慎むこと


Ⅲ. 実習等の実施にかかる唾液採取PCR検査キットの半額補助について

6月以降、教育実習や保育実習等も本格化してきました。本学では、学生と学校・施設等が相互に安心・安全に実習等を実施してもらうために、任意ではありますが、新型コロナウイルスPCR検査(唾液採取PCR検査キット)を大学の半額補助により受検できる体制を整備しています。
6月以降の実習や介護等体験に参加される学生の皆さん、その他の教育活動等において希望される学生の皆さん、どちらでも利用できます。実習や活動開始等の2週間前までに、学生部に申し込んでください。



Ⅳ. 県外移動等の自粛

  1.  緊急事態宣言地域(東京、大阪、京都、兵庫、愛知、福岡、北海道、広島、岡山、沖縄の10都道府県、6月20日までの予定)、まん延防止等重点措置の区域(埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重の5県は6月20日、群馬、石川、熊本県は6月13日までの予定)への不要不急の移動は引き続き自粛してください。
  2.  就職試験や教育実習等で、①に該当する都道府県に移動する際は、学部・学科が作成している県外移動届を提出してください。また、移動先の感染状況によっては帰山後原則2週間は登校を控え、①健康観察記録表を記入しましょう。その間の授業等は、オンデマンド型の遠隔授業やTeams上での課題設定等で対応することとします。

Ⅴ. 体調不良で登校を迷った時の対応や緊急時の連絡等について

  1.  「ひょっとして」と感染を疑ったり、「体調が悪いがどうしたらよいかわからない」時は、すぐに、②「新型コロナ感染症対応フロー」を確認しましょう。
  2.  今後の感染状況によっては、本学教育活動に関する急な変更をお知らせすることがあります。遠隔授業の情報も入ります。Webページやメール、Teamsを毎日確認してください。

関連リンク