Performance Clinicを実施しました。

2019.09.26

 9月21日(土)に本学でPerformance Clinicを実施しました。 このクリニックは11月17日(日)に本学で開催される「第3回高校生英語スピーチコンテスト」への参加希望者と中・高等学校の英語教員を対象としています。 今回は県内の5つの高等学校から合計で11名の高校生が参加しました。さらに、中・高等学校英語教員、山口学芸大学学生も参加し、総勢で20名の参加となりました。

 今回のクリニックは、スピーチを行う際にどんなことに注意すべきかについて理解を深めることが主な目的でした。 参加者たちは3つのグループに分かれて、ワークショップ形式で課題に取り組みました。

 最初に山口学芸大学の2名の学生が模範スピーチを披露しました。 その後で、参加者同士が互いに英語で自己紹介を行いました。 和やかな雰囲気の中、クリニックは始まりました。

 日本語であっても英語であっても、スピーチをする時に大切なことは同じです。 大切なのは、スピーチ原稿を暗記することではありません。 自分のスピーチの内容を十分に理解し、聴衆との関係を維持しながら自分の思いを伝えることです。 休憩後は11月17日(日)にコンテストの会場となる教室へ移動して、本番さながらの練習を行いました。 ワークショップは2時間半以上にわたって行われましたが、参加者全員が最後まで集中力を切らすことなく、多くのことを学ぶことができました。

 参加された高校生の皆さん、お疲れ様でした。
そして、高校生と一緒にグループワークに参加していただいた中・高等学校の英語の先生方に心よりお礼申し上げます。

 11月17日(日)に本学で開催される「第3回高校生英語スピーチコンテスト」への参加を希望される方は、9月30日(月)までにお申し込みください。 その際に「氏名」、「学年」、「高校名」、「スピーチのタイトル」をお伝えください。
ご質問等がありましたら,以下までメールでお問合せください。