学生製作絵本の紹介(その1)

2014.06.05

「みーちゃんのあさがお」

01.jpg

あるひ
みーちゃんはおじいちゃんにもらった
あさがおのたねをうえました。

02.jpg


まいにち まいにち いっしょうけんめい みずをあげました。

03.jpg


そのかいあって、あさがおをうえて みっかごに めがでました。
みーちゃんはめをまんまるにしておおよろこび。
「わーい! めがでたぞ。」
「はじめまして」

04.jpg

みーちゃんは、うれしくなって
もっともっとあさがおのおせわをがんばりました。
みずやりやくさぬき、
きょうかあさがおのおひっこしもひとりでやりました。

05.jpg



おせわをしたあとに、
あさがおさんとひみつのおはなしをするのが、
みーちゃんのおたのしみです。
「風がきもちいいね」


06.jpg



あるひのことです。
みーちゃんのすむまちに あらしがやってきました。
あめがざーざー かぜはびゅーびゅー かみなりもなっています。
みーちゃんはそとのあさがおがしんぱいで、まどからずっとそとをみています。
「だいじょうぶかなあ」
よるは、なかなかねむれませんでした。


07.jpg



つぎのあさ、あらしはやみました。
みーちゃんが あさがおをみにいくと、
あさがおが げんきがなくなっていました。
つぎのひも、そのまたつぎのひも、
あさがおは なかなかおおきくなりません。
「どうしちゃったのかな」


08.jpg


みーちゃんは、あさがおが げんきになるには どうしたらいいか
いっしょうけんめい かんがえました。
そして…
「いいこと かんがえた!」

09.jpg



みーちゃんは あさがおのまわりに たくさんのおはなや
かわいいにんぎょうをあつめることにしました
「あさがおさんは、きっと、こわかったんだわ」

%E7%B5%B5%E6%9C%AC10.jpg



つぎのひ、
あさがおは、ぐんぐんのびて、げんきいっぱいにおおきくなりました。
「やった、やった、みーちゃんのあさがおさんがげんきになった」
「やった、やった、やった」


%E7%B5%B5%E6%9C%AC11.jpg



みーちゃんは、あさがおさんに
「ありがとう」といいました。
すると、あら、ふしぎ。
あさがおのつぼみがふくらみはじめました。

%E7%B5%B5%E6%9C%AC12.jpg

あしたは、きっとたくさんのおはながさくね、みーちゃん。

%E7%B5%B5%E6%9C%AC13.jpg

<おしまい>


 本作品は、山口学芸大学3年生 選択科目「子どもと教育」の中で学生がパソコンソフトパワーポイントを使って製作した電子絵本です。実際には動きがありますが、ここでは割愛させていただきました。この話は山口学芸大学での実体験に基づき、朝顔を育てる際の気持ちを表現したものです。学生のやさしさが伝わる作品です。