教員紹介

#
岩中 貴裕
Iwanaka, Takahiro
所属・職位
教育学部教育学科 教授 大学院教育学研究科 教授
学位
博士(学校教育学)
担当科目
英語音声学/英語科教育法I・II/第二言語習得論/異文化理解/教育実習指導(中・高)/Basic English Expression/Intermediate English Expression/教職実践演習(中・高)
専門分野
英語教育、第二言語習得、フィードバック
主な研究テーマ
 学習者のライティング能力の向上をもたらす指導方法と授業における英語使用が学習者の英語力と学習意欲に与える影響を明らかにする研究に取り組んでいます。
所属学会
社会貢献活動等
大学英語教育学会(JACET)、全国英語教育学会、日本教科教育学会、日本国際教育学会、中国地区英語教育学会
主な
著書・論文
学会発表
科研費研究
社会における活動等

●著書
1. Roles of Output and Noticing in English Language Learning: Effects of Exposure to Relevant Input Immediately After Output on the Incorporation of Linguistic Forms, 博士論文私費出版,2009年3月

2. 『英語教育の今-理論と実践の融合-』(分担執筆)全国英語教育学会,2014年8月

3. 『言語学辞典』(分担執筆)開拓者,2015年7月

4. 香川大学教育基盤センター(編) (2012~2020)『大学入門ゼミハンドブック』初版~第9版(分担執筆)

5. 尾島司郎・藤原康弘(編著).(2020)『第二言語習得論と英語教育の新展開』金星堂(分担執筆)

6. 日本国際教養学会(編).(2020). The Intersection of Arts, Humanities, and Science: Fifteen Selected Passages for University Students. Tokyo: SEIBIDO.(監修)

●論文
1. 岩中貴裕(2012)「学習者の中間言語の発達に貢献する英語の授業」『香川大学教育研究第9号』77-88.

2. Iwanaka, T. (2013). Improving Listening Skills and Motivation to Learn English Through Dictogloss. Journal of Research in High Education Kagawa University, 10, 37-49.

3. Iwanaka, T. (2013). Does Explicit Knowledge of Syntagmatic Relations Contribute to the Incorporation of Linguistic Forms? ALAK 2013 International Conference, 228-234.

4. 岩中貴裕(2014)「協同学習を取り入れた内容重視の授業-そのリメディアル教育としての可能性-」『四国地区英語教育学会紀要第34号』47-56.

5. Iwanaka, T. (2015). Successful Language Learners and Pedagogical Suggestions for Effective Learning. JAILA Journal, 1, 106-117.

6. Iwanaka, T. (2015). Factors Facilitating the Incorporation of Linguistic Forms: Explicit Instruction of Syntagmatic Relations or Task Repetition? JACET Chugoku-Shikoku Chapter Research Bulletin, 12, 37-55.

7. Iwanaka, T. (2016). Rewriting Based on Feedback: Automated Computer-Based Feedback on Forms and Taylor-Made Feedback on Content. CASELE Research Bulletin, 46, 61-70.

8. 岩中貴裕(2016)「オンラインソフトを利用した発音指導の試み」『四国英語教育学会第36号』95- 104.

9. 岩中貴裕(2017)「L2ライティング指導における自動化されたフィードバックの役割」『中国地区英語教育学会第47号』1-10.

10. 岩中貴裕・中垣謙司(2018)「意味重視のアウトプット活動が学習者の教授言語に対する好みに与える影響」『中国地区英語教育学会第48号』1-10.

11.岩中貴裕 (2019)「教職履修学生の教授言語に対する好みと期待-英語で行う英語の授業に対する態度-」『中国地区英語教育学会第49号』55-64.

12.岩中貴裕 (2019)「演劇ワークショップが大学学部学生の コミュニケーションと協同に対する態度に与える影響 -パイロットスタディ-」『JAILA Journal第5号』72-83.

●学会発表
1. Automated Writing Evaluation Feedback: Rethinking Its Roles in Teaching Essay Writing,2016/8,JACET 55th International Convention,Hokusei Gakuen University, Japan.

2. Teaching Essay Writing for EFL Classes: Automated Feedback and Teacher Feedback,2017/3,52nd RELC International Conference On Dimensions of Language Education: Policy, Perspectives, Practice,Singapore.

3. Automated Writing Evaluation Feedback and Teacher Feedback: Their Roles in L2 Instruction,2017/6, 2017 KATE International Conference,Hunkuk University of Foreign Studies.

4. Rewriting Based on Automated Writing Evaluation Feedback and Teacher Feedback: A Case Study of Two Learners,2017/8,JACET 56th International Convention,Aoyama Gakuin University.

5. Symposium: Assessing the Importance of the Teaching English in English (TEE) Policy on University English Learners,2018/8,JACET 57th International Convention,Tohoku Gakuin University.

6. Student vs. Teacher Reactions to Teaching English in English (TEE), 2019/3,54th RELC International Conference on Dimensions of Language Education: Teaching and Learning of English for Academic, Professional and Other Purposes in the Digital Era,Singapore.

●科研費研究
1. 言語項目への選択的注意が言語習得に及ぼす影響に関する実証的研究(18652066),萌芽研究,2006-2009年,代表

2. 協同学習を基盤とした内容重視の教授法が受講生の英語力と動機づけに与える影響(24652121),挑戦的萌芽研究,2012-2014,代表

3. 「英語を英語で」教える高等学校学習指導要領が大学英語教育に与える影響(26284080),基盤研究B,2014-2018,分担

4. 自動化されたフィードバックが学習者のライティング能力に与える影響(15K12912),挑戦的萌芽研究,2015-2017,代表

5. 英語のスピーチに挑戦してみよう~聴衆を感動させるスピーチとは?~(HT30243),ひらめき☆ときめきサイエンス(科学研究費研究成果還元事業),2018,代表

●社会における活動
1. 日本国際教養学会ジャーナル編集委員長(2014年4月~2018年3月)

2. 大学英語教育学会本部運営委員(2018年4月~)

3. 日本国際教養学会副会長(2020年4月~)

4. 中国地区英語教育学会理事(2020年6月~)

5. 大学英語教育学会中国・四国支部長(2021年4月~)

●その他
1. 中国地区英語教育学会学術論文賞受賞(2017年6月)

学生へのメッセージ
 凡事徹底、何か大きなことを成し遂げようとするときに最も大切なことです。誰にでもできる当たり前のことを誰もやらないくらいまで徹底的に続けていると、結果は自然についてきます。4年間で大きく成長してください。
更新日
2021年4月